SCIフォーラムよりメッセージ

message

会社は、何のために存在するのでしょうか。
会社の使命は、「社会の課題を解決するためにイノベーションを興し、持続的に行動し続ける」ことではないでしょうか。
実際に多くの会社が、自分たちは「社会の公器」であると考え、社会の諸問題解決に向けて日々奮闘しています。
ただ、現実を見れば、未解決、手付かずの社会課題が山積しており、その中には企業活動から生じるものもあるというのが実態です。
そして、NPO等の様々なソーシャルセクターが、そのような社会の諸問題に立ち向かっていることも忘れてはいけないことだと思います。
どの会社も、どのソーシャルセクターも、この社会・地球をよくしたい、
持続可能な社会を創造したい、という思いは同じはずです。

SCIフォーラムは、各企業、個々のセクター・個人の枠を超えて「つなが」り、互いに啓発しあうことで、まだまだ解決されていない社会の課題に「気づき」、「イノベーション」を興すきっかけをつくる場を提供したいと、考えています。

一般社団法人SCIフォーラム 理事/監事

proposer

代表理事
犬塚 力(トヨタファイナンシャルサービス株式会社 常勤監査役)

理事
新井 和宏(株式会社eumo 代表取締役)
出原 遠宏(ブラザー工業株式会社 CSR&コミュニケーション部 部長)
市野 恵(特定非営利活動法人地域福祉サポートちた 代表理事)
岩原 明彦(株式会社デンソー キャリアパートナー)
柴田 朋子(JUNO(ユーノー)代表 キャリアコンサルタント)
豊岡 敬子(一般社団法人ワークライフバランス東海 理事)
中島 康滋(イノベーションファクトリー株式会社 代表取締役)
原田 さとみ(NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク 前代表/理事、エシカル・ペネロープ株式会社 代表取締役)
毛受 芳高(一般社団法人アスバシ 代表理事)

監事
小田切 須美(中日本高速道路株式会社 総務・秘書チームリーダー)

(※50音順)

SDGs(持続可能な開発目標)/CSV(Creating Shared Value: 共通価値の創造)

SDGs/CSV

協働における共通目標/共通言語としてのSDGs
社会との取り組みは、CSRからCSVへ
CSR、CSV、SDGs活動の捉え方